Webプッシュ通知、LINE@、メルマガ。3つのリピート獲得手法を比較してみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Webサイトにおけるリピート訪問・リピーターを増やす方法としてメール(メルマガ)は長らくスタンダードな地位にいました。しかし、スマホ全盛時代になりLINEなどのメッセージアプリの利用が増え徐々にメールの利用率が低下、加えてLINE@やネイティブアプリにおけるプッシュ通知の配信など様々な手法が登場してきました。近年ではTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSも接触ポイントとして存在感を増しています。

先日、このブログにてネイティブアプリのプッシュとWebプッシュを比較してみましたが、今回は少し幅を広げて、Webプッシュとメール、LINE@という新旧のリピート獲得手法を比較してみたいと思います。

比較した軸は、以下の5つ。それぞれ◯△×の3段階で評価しています。

  • パーミッションの取りやすさ
  • 対応環境
  • メッセージの届きやすさ
  • メッセージの保存性
  • メッセージの容量

そしてできたのがこちらの比較表です。

スクリーンショット 2015-11-13 10.58.54

Webプッシュは△がなく、他の2つに比べると安定感に欠ける印象があります。特に現状ではiOSで使えないのが大きいです。

ただ、◯の箇所をよく読んでみるとその特徴がわかります。

「パーミッションがダントツに取りやすく、スマホとPCの一等地にプッシュ通知できる」

これがWebプッシュ最大の特徴です。逆にそれ以外の項目はあまりイケていません。

そして3つの手法で比較しておいてなんですが、どれか一つの手法を選ぶのでなくメリット/デメリットを理解して複合的に使うというのが正しい手法なんですよね。そしてその場合Webプッシュにおいて活かすべきはそのフットワークの軽さ、ハードルの低さなのだと思います。

  • まずはWebプッシュしながらメルマガの登録を訴求
  • WebプッシュでLINE登録用URLを通知

など、いろんな手法が考えられます。今後当ブログでも事例など紹介していきたいと思いますのでぜひ一度試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Webプッシュ、今なら無料ではじめられます

Pushnate(プッシュネイト)はAndroidやPC版Chrome 42以上で使える、Webサイトでも無料でプッシュ通知が配信できるサービスです。

プッシュ通知したいWebサイトにJavaScriptを貼り付け、ちょこっと設定するだけ。通知日時を指定したり定期的な通知も可能なので、新商品や新コンテンツ追加時など自由なタイミングでリピート訪問を促進することができます。

今すぐWebプッシュをはじめる(無料)

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク