WebプッシュのオプトインUI事例(Chrome Dev Summit 2016 サイトから)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あけましておめでとうございます。本年初投稿です。当ブログのテーマであるWebプッシュ、昨年はペイロード対応などもあり導入サイトも増えましたね。Pushnateでのプッシュ配信数もおかげさまで成長し続けることができました。とはいえ、まだまだ普及はこれからだなという感じですので今年もService WorkerやProgressive Web Appまわりを注視していきたいと思います。

今年1発めはプッシュ許可(オプトイン)のUIについてです。

WebプッシュのUI、特に最初にプッシュ通知の許可(オプトイン)の取り方は迷うポイントですよね。
依然としてChromeのオプトイン表示はそっけないので、まだしばらくはWebサイト側で工夫が必要ですが、先日「これはいいな」というケースを見つけました。

それは、昨年秋に開催された「Chrome Dev Summit 2016」のサイトです。今はもう表示されないのですが、会期中はページ左下のアイコンをクリックするとこんなウィンドウが表示されるようになっていました。

Chrome Dev Summitのプッシュ許可

Chrome Dev Summitのプッシュ許可

このイベントはたくさんのセッション(+YouTubeでの中継)で構成されているので、それぞれの開始時の通知としてWebプッシュが使われていました。これだけの大きいイベントだからこそできる使い方ではありますが、受け取る通知の種類を指定できるというのは他ではあまり見かけない使い方です。今後もしChrome内のUIが向上されるとしたらこんなふうになるんじゃないかという予感もしますね。

というわけで1発めは短めになりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Webプッシュ、今なら無料ではじめられます

Pushnate(プッシュネイト)はAndroidやPC版Chrome 42以上で使える、Webサイトでも無料でプッシュ通知が配信できるサービスです。

プッシュ通知したいWebサイトにJavaScriptを貼り付け、ちょこっと設定するだけ。通知日時を指定したり定期的な通知も可能なので、新商品や新コンテンツ追加時など自由なタイミングでリピート訪問を促進することができます。

今すぐWebプッシュをはじめる(無料)

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク