2018年は日本における PWA / Service Worker 元年?こんなサービスが登場するのかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2018年も早くも1月下旬というところまできてしまいました。

昨年は静かではありましたがいくつかPWA(Progressive Web Apps)やService Worker関連では重要そうなニュースがあった年でした。

など、今まで「Androidしか使えない」ムードだったService WorkerやPWAがいよいよメジャーになるのでは?という予感を感じさせるニュースでした。

特に日本はiPhoneユーザーが多いのでSafariの対応は念願です。これは早ければ今年のうちにも正式リリースになりそうな見込みで、いよいよプッシュやPWA化を本格的にサポートするサービスも増えてくるのではないでしょうか。例えば、現在でもGMOおみせアプリyappliなど、ネイティブアプリ環境をSaasとして提供するサービスがいくつかありますが、同じようにPWAを前提にしたCMSなども出てくるかもしれません。

そして今年になってからですが、このようなニュースもありました。

マーケティングオートメーション(MA)市場規模は2016年度は6割増の108億円、今年度は5割増の予測【ITR調べ】

Webサイトへの主要な流入チャネルは限られている上、メジャーなプラットフォームの影響は今まで以上に大きくなっています。

Google、Facebookといった流入上重要な影響を与えるプラットフォームからのトラフィック獲得コストが相対的に増加する状況に対して、新しいチャネルの登場やWeb接客などによるエンゲージメント深化のニーズは当然の流れでもあります。

そして相変わらずですが、モバイルデバイス上のアプリとウェブの利用状況にはギャップがあります

 このブログでも過去に取り上げていますが利用時間は断然アプリ、トラフィックはウェブという状況で、この差を滑らかにするソリューションとしてPWAがどこまで機能するかは気になるところです。

Leanplumのようなネイティブアプリ向けのMA的なツールはすでにいくつかありますので、これからはPWAを前提としたMAツールなんかもあるかもしれません。例えば、店舗集客やECなど用途をパターン化したPWAの構築ツール+マーケ機能を持ったサービスなどはリアルに出てきそうな予感がしますね。引き続きウォッチしていきたいと思います。

Webプッシュ、今なら無料ではじめられます

Pushnate(プッシュネイト)はAndroidやPC版Chrome 42以上で使える、Webサイトでも無料でプッシュ通知が配信できるサービスです。

プッシュ通知したいWebサイトにJavaScriptを貼り付け、ちょこっと設定するだけ。通知日時を指定したり定期的な通知も可能なので、新商品や新コンテンツ追加時など自由なタイミングでリピート訪問を促進することができます。

今すぐWebプッシュをはじめる(無料)

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク