ucb

先日TechCrunchの記事「Facebook、Googleと協力してモバイルウェブユーザーにプッシュ通知を送信」にて、Webプッシュ通知対応ブラウザとして、Firefoxに加えてさりげなく触れられていたUC Browser。数年前、まだスマホでブラウザが固定化する前にDolphinとかMavenとか試していた頃に見た記憶がありますが、ほとんどノーマークでした。いい機会なのでちょっと調べてみたのですが、メモがてら書いておこうと思います。

UC Browserは中国企業UC Web社が提供するブラウザで、ChromeやSafariがリーチしきれていない中国、インドを中心に普及しています。Google Playだけでも1〜5億DLのレンジで、合計だと調べる限り2012年前時点で10億を突破しているようです。

Wikipediaによると、UC Web社は2014年にAlibabaに買収されており、モバイル検索の会社を合弁で設立したりと、グループの中でもモバイルウェブの先端を追求する役割を期待されているようです。対Baiduみたいなイメージでしょうか。

サービスのほうですが、さすがアジア圏ということでFacebookモードや動画ダウンロード、ADブロックがあったりと、米国企業とはちょっと違うテイストでユーザー目線を貫いている印象を受けます。iOS9で「ADブロックがー!」とか騒ぐのが恥ずかしくなってくるくらいです。

中国のモバイルウェブ周りの競争環境というと、Baidu、テンセント、そしてAlibabaというのがよく話題になります。米国でいうとそのままGoogle、Whatsapp(Facebook)、amazon、という感じでしょうか。これをUC Browserに当てはめるとamazonがブラウザやってるようなイメージですが、amazonは検索領域をやったりスマホやタブレットに進出していますので、現時点で持っていないものだったりこれから押さえたい領域を考えると国は違えど同じような戦略になってくるのかもしれません。

ご存知の通り、アジア圏ではAndroidのシェアが高いので現時点ではWebプッシュを展開しやすいわけです。Chrome主導で始まったService WorkerおよびWebプッシュですが、思わぬ場所で思わぬプレイヤーが活用しまくる、ということになるのかもしれないですね。