Google

2018年は日本における PWA / Service Worker 元年?こんなサービスが登場するのかも

2018年も早くも1月下旬というところまできてしまいました。

昨年は静かではありましたがいくつかPWA(Progressive Web Apps)やService Worker関連では重要そうなニュースがあった年でした。

など、今まで「Androidしか使えない」ムードだったService WorkerやPWAがいよいよメジャーになるのでは?という予感を感じさせるニュースでした。

特に日本はiPhoneユーザーが多いのでSafariの対応は念願です。これは早ければ今年のうちにも正式リリースになりそうな見込みで、いよいよプッシュやPWA化を本格的にサポートするサービスも増えてくるのではないでしょうか。例えば、現在でもGMOおみせアプリyappliなど、ネイティブアプリ環境をSaasとして提供するサービスがいくつかありますが、同じようにPWAを前提にしたCMSなども出てくるかもしれません。

そして今年になってからですが、このようなニュースもありました。

マーケティングオートメーション(MA)市場規模は2016年度は6割増の108億円、今年度は5割増の予測【ITR調べ】

Webサイトへの主要な流入チャネルは限られている上、メジャーなプラットフォームの影響は今まで以上に大きくなっています。

Google、Facebookといった流入上重要な影響を与えるプラットフォームからのトラフィック獲得コストが相対的に増加する状況に対して、新しいチャネルの登場やWeb接客などによるエンゲージメント深化のニーズは当然の流れでもあります。

そして相変わらずですが、モバイルデバイス上のアプリとウェブの利用状況にはギャップがあります

 このブログでも過去に取り上げていますが利用時間は断然アプリ、トラフィックはウェブという状況で、この差を滑らかにするソリューションとしてPWAがどこまで機能するかは気になるところです。

Leanplumのようなネイティブアプリ向けのMA的なツールはすでにいくつかありますので、これからはPWAを前提としたMAツールなんかもあるかもしれません。例えば、店舗集客やECなど用途をパターン化したPWAの構築ツール+マーケ機能を持ったサービスなどはリアルに出てきそうな予感がしますね。引き続きウォッチしていきたいと思います。

Chrome 52 のデベロッパーツールでService Workerのチェックができるように

ついにChrome 52の安定版がリリースとなりました。

話題の大きさでいうとバックスペースキーで戻れなくなった件とかタブのデザインが角ばったことのほうがメジャーではありますが、実は今回デベロッパーツールにも変更がありました。「Application」タブからService Workerなどプログレッシブウェブ関連の検証ができるようになったのです。今までserviceworker-internalsを見たりしていましたが、今回の変更でここからプッシュを表示したりなどいろいろできるようになりました。その他にもホームスクリーンへのアイコン追加などService Worker / Webプッシュ以外のPWA関連の検証ができるようになっています。

先日、AMP上でのService Workerインストールの話もありましたが、ついにGoogleも本気でこのへんをプッシュしてきた感がありますね!

スクリーンショット 2016-07-21 23.29.08

Webプッシュマーケティングにおける6つのトピック(Google I/O 2016から)

先日開催された「Google I/O 2016」の中で「Deep user engagement with web push notifications」というセッションがありました。

他にもプログレッシブWeb関連のセッションがいくつかあり、その中でWebプッシュに触れているものもありましたが、単独で扱っているのはこのセッションだけでした。というわけで、本セッションの内容から特にマーケティング的に重要そうなポイントを6つピックアップして紹介したいと思います。(Web Push プロトコルの話など一部割愛している箇所もありますので詳しく知りたい方は動画もご覧ください。)

続きを読む

Webプッシュ3大ワードからリテンション施策を比較する(Google Developers Summit Tokyo 2016 から)

4月26日に開催された「Google Developers Summit Tokyo 2016」の2日目。その中で「Hey, look at me, I’m Notification」という、Webプッシュ関連の発表がありました。個人的に注目なのが、

  • Timely (タイミング):今送るべき通知なのか?
  • Precise (正確性) :正確に、何についての通知なのかパッと見て理解できるように。
  • Relevant (関連性/具体性):そのユーザーならではの情報を通知する。

の3つのキーワードです。文脈的には今までGoogleがWebプッシュ通知の配信におけるマナーとして伝えてきた内容がベースになっていますが、あらためてワード化されることで、より重視し浸透させたいという姿勢を感じました。

続きを読む

Chrome Dev Summit 2015 から考える、Webプッシュ通知の今後

前回の記事でも書きましたが、11月17〜18日にChrome Dev Summit 2015が開催されました。ブラウザをフィーチャーしたイベントは日本ではなかなかないので新鮮ですよね。

Webプッシュについては「Increase Engagement with Web Push Notifications」というセッションがありました。Webプッシュのみの内容で25分ほどとなかなか見応えがあるセッションです。今回はその中で触れられていたトピックを紹介しつつ、今後Webプッシュはどんな役割を果たすのかについて考えてみたいと思います。

続きを読む

ウェブ to アプリ のエンゲージメント強化における、Webプッシュ通知の活用方法

Mobile-phone-apps

先日こちらの記事にも書きましたが、Webとアプリにおけるトラフィックの量と内訳の違いの話が個人的にホットです。両者の利用状況から見ると、Webは接触回数を稼ぎ、アプリは長時間そこで過ごす場になっているというもの。サービス提供者は、アプリ上で過ごしてもらうことで広告などから発生するLTVに対してWeb経由のトラフィック獲得コストが合うかどうかで投資を決定することになります。

続きを読む

スマホでは検索しない時代にWebプッシュができること

15649296820_c199b15500_z

By TechStage

GIGAZINEにこんな記事がありました。

モバイル端末利用者の2人に1人はGoogle検索を利用しない日がある

GoogleのAmit Singhal氏のRe/Code conferenceでの発言や、スマホやPCに関するいくつかの統計情報を組み合わせて分析したところ、「世界中にあるスマートフォンがGoogle検索を使う回数は1回以下」だということが海外のブログで紹介されているそうです。

続きを読む

AMP HTMLとWebプッシュ通知の関係について考えてみました

2015-10-08_0546

先日Googleが提唱したAMP(Accelerated Mobile Pages)というプロジェクト。

このあたりのページに詳しく紹介されていますが、このAMP HTMLというフレームワークを利用して軽量でシンプルなHTMLを作成することでプリ・レンダリングやキャッシュをしやすくし、ネイティブアプリに負けない処理速度でサービスを提供しようというものです。言ってしまえばSmartNewsとかにあるスマートモードをWeb全体でやってやっちゃおう、くらいの意気込みを感じる取り組みでもあります。

続きを読む

Chromeの通知センター廃止のニュースから、Webプッシュへの影響を考えてみた

Chrome lapel pin

TechCrunchにこんな記事がありました。

GoogleがChromeのあまり使われない通知センターを廃止、ChromeOSには残存、通知はネイティブ依存へ移行か?

GoogleがChromeブラウザの通知の方式を変えようとしている。ChromeによるWebアプリケーションからデスクトップへのプッシュ通知のサポートは5年前に始まり、そして数年前には、Webアプリケーションやエクステンションからのメッセージをまとめて扱う総合通知センターを導入した。しかしその通知センターは、利用者がきわめて少ないため、Chromeの次のリリースからは存在しなくなる。

なんだか翻訳ソフトみたいなタイトルでわかりにくいなと思ったのですが、どうやら以前からあるChromeのプッシュ管理機能(通知センター)をChromeから外しちゃうという話のようです(Chrome OSには残る)

続きを読む