メール

Webプッシュ3大ワードからリテンション施策を比較する(Google Developers Summit Tokyo 2016 から)

4月26日に開催された「Google Developers Summit Tokyo 2016」の2日目。その中で「Hey, look at me, I’m Notification」という、Webプッシュ関連の発表がありました。個人的に注目なのが、

  • Timely (タイミング):今送るべき通知なのか?
  • Precise (正確性) :正確に、何についての通知なのかパッと見て理解できるように。
  • Relevant (関連性/具体性):そのユーザーならではの情報を通知する。

の3つのキーワードです。文脈的には今までGoogleがWebプッシュ通知の配信におけるマナーとして伝えてきた内容がベースになっていますが、あらためてワード化されることで、より重視し浸透させたいという姿勢を感じました。

続きを読む

Google Analyticsを利用してWebプッシュ通知の効果を測定する

how-to-use-google-analytics

先日の記事でも紹介しましたが、Pushnateのサイト(サービスサイトやブログ)でもWebプッシュを活用してエンゲージメントを高める取り組みを行っており、Google Analyticsを利用してプッシュ通知の効果測定をしています。Google Analyticsの使い方としてはポピュラーではありますが、今日はWebプッシュ向けの効果測定方法を紹介したいと思います。

※本記事の方法で効果測定する場合、Webプッシュで送客するWebサイトにGoogle Analyticsが導入されている必要がありますのでご注意ください。

続きを読む

Webプッシュ通知、LINE@、メルマガ。3つのリピート獲得手法を比較してみました

Webサイトにおけるリピート訪問・リピーターを増やす方法としてメール(メルマガ)は長らくスタンダードな地位にいました。しかし、スマホ全盛時代になりLINEなどのメッセージアプリの利用が増え徐々にメールの利用率が低下、加えてLINE@やネイティブアプリにおけるプッシュ通知の配信など様々な手法が登場してきました。近年ではTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSも接触ポイントとして存在感を増しています。

先日、このブログにてネイティブアプリのプッシュとWebプッシュを比較してみましたが、今回は少し幅を広げて、Webプッシュとメール、LINE@という新旧のリピート獲得手法を比較してみたいと思います。

続きを読む