プログレッシブウェブ

Chrome Dev Summit 2016 が開催、いよいよPWAの活用が本格するかも!?

スクリーンショット 2016-11-16 23.58.02

先週、Chrome Dev Summitがさりげなく開催されていました。日本だとあまり話題になっていない感じですが毎年やっているやつですね。去年の今頃だとこんな記事を書いたりしました。去年はWebプッシュ通知やService Workerなど一つ一つのトピックが細かい印象でしたが、今年はProgressive Web Apps(PWA)ワードで一括りになって前面に出ていました。個別の技術だとCredential ManagementPaymentなど新しめのAPIの紹介がありました。

日本において、スマホでブラウジングしている限りはPWAはおろか、Webプッシュですら普及はまだまだこれからかな。。という感じですが、Chromeはどんどん先に進んでいますね。

ところで先日、Publickeyさんの記事でGartner Predicts 2017の「2019年までに、ブランド保有企業の20%は自社のモバイル・アプリを放棄する。」という気になる項目を見つけました。

以前ブログでも触れましたが、アプリとWebにおける利用時間や頻度には大きな差があるということをふまえるとなるほどと思いました。たいていのブランド保有企業では、ネット上で高頻度かつ長時間過ごすほどの体験を提供し続けられません。となるとアプリとして存在する価値を保持するのは難しく、結果として主要プラットフォームを通じて(広告出稿のかたちで)消費者と接触するしかないということなのかもしれません。ブランド側からするとプラットフォーム依存が深まってしまうわけですが、そこに対する対抗策の一つが、Webとネイティブアプリのいいとこ取りができるPWA化なのかもしれないですね。

Chrome 52 のデベロッパーツールでService Workerのチェックができるように

ついにChrome 52の安定版がリリースとなりました。

話題の大きさでいうとバックスペースキーで戻れなくなった件とかタブのデザインが角ばったことのほうがメジャーではありますが、実は今回デベロッパーツールにも変更がありました。「Application」タブからService Workerなどプログレッシブウェブ関連の検証ができるようになったのです。今までserviceworker-internalsを見たりしていましたが、今回の変更でここからプッシュを表示したりなどいろいろできるようになりました。その他にもホームスクリーンへのアイコン追加などService Worker / Webプッシュ以外のPWA関連の検証ができるようになっています。

先日、AMP上でのService Workerインストールの話もありましたが、ついにGoogleも本気でこのへんをプッシュしてきた感がありますね!

スクリーンショット 2016-07-21 23.29.08