PWA(Progressive Web Apps)がよりネイティブアプリっぽくなりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

2016年のGoogle I/Oで触れられていたPWAとAndroid連携の動きについてChromium Blogの投稿がありました。

すでにホームスクリーン追加やWebプッシュ通など個別の機能は実現していますが、この統合により今まで以上にWebサイトをアプリ的に取り扱えるようになります。今回はホーム追加時の動作がアプリインストールぽくなりました。個人的に大きいのは、Webプッシュからこの疑似アプリの起動ができるようになることです。よりPWAらしいUXになります。

リテンション獲得のためにネイティブアプリ作りたいけどコストが・・というサイト(主にECサイトかな?)は短期間で効果が出やすそうです。日本では依然としてiOS対応が課題ですが、Androidシェアの高い国ではPWAそろそろ普及しそうですね。ホームスクリーン追加が実装済みのWebサイトは、以下の手順でアプリインストールっぽい使い心地が試せます。

①Chromeの試験運用機能をONにする

Chrome Betaで、chrome://flags/#enable-improved-a2hs を入力し、試験運用機能の管理画面に入ります。
ここで、「ホーム画面に追加(改訂版)」を有効にします。Chromeの再起動を促されるのでそのまま再起動します。

②対応サイトにアクセスしホーム画面に追加する

たとえば、flipkartなどPWAの事例サイトにアクセスしてみます。Chromeのメニューを開くと「ホーム画面に追加」があるのでタップしてみましょう。インストールの許可画面が表示されますのでそのまま進めます。
Screenshot_20170209-002138

ホーム画面に追加

Screenshot_20170209-002500

インストール許可画面

インストールすると他のアプリと同じように一覧に表示されます。

Screenshot_20170209-002704

アプリドロワー内に一覧表示される

Chrome単独の取り組みから始まったPWA周りですが、今後はAndroidと統合の流れが強くなりそうです。なんというかちょっと昇格するイメージですね。正直、特に日本においてはまだまだPWAの取り組みは少ない印象ですが、少なくともGoogleの力の入れようは伝わってきますね。
こちらも合わせてどうぞ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Webプッシュ、今なら無料ではじめられます

Pushnate(プッシュネイト)はAndroidやPC版Chrome 42以上で使える、Webサイトでも無料でプッシュ通知が配信できるサービスです。

プッシュ通知したいWebサイトにJavaScriptを貼り付け、ちょこっと設定するだけ。通知日時を指定したり定期的な通知も可能なので、新商品や新コンテンツ追加時など自由なタイミングでリピート訪問を促進することができます。

今すぐWebプッシュをはじめる(無料)

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク