Webプッシュ関連ニュース

WebプッシュのオプトインUI事例(Chrome Dev Summit 2016 サイトから)

あけましておめでとうございます。本年初投稿です。当ブログのテーマであるWebプッシュ、昨年はペイロード対応などもあり導入サイトも増えましたね。Pushnateでのプッシュ配信数もおかげさまで成長し続けることができました。とはいえ、まだまだ普及はこれからだなという感じですので今年もService WorkerやProgressive Web Appまわりを注視していきたいと思います。

今年1発めはプッシュ許可(オプトイン)のUIについてです。

WebプッシュのUI、特に最初にプッシュ通知の許可(オプトイン)の取り方は迷うポイントですよね。
依然としてChromeのオプトイン表示はそっけないので、まだしばらくはWebサイト側で工夫が必要ですが、先日「これはいいな」というケースを見つけました。

それは、昨年秋に開催された「Chrome Dev Summit 2016」のサイトです。今はもう表示されないのですが、会期中はページ左下のアイコンをクリックするとこんなウィンドウが表示されるようになっていました。

Chrome Dev Summitのプッシュ許可

Chrome Dev Summitのプッシュ許可

このイベントはたくさんのセッション(+YouTubeでの中継)で構成されているので、それぞれの開始時の通知としてWebプッシュが使われていました。これだけの大きいイベントだからこそできる使い方ではありますが、受け取る通知の種類を指定できるというのは他ではあまり見かけない使い方です。今後もしChrome内のUIが向上されるとしたらこんなふうになるんじゃないかという予感もしますね。

というわけで1発めは短めになりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

Chrome 52 のデベロッパーツールでService Workerのチェックができるように

ついにChrome 52の安定版がリリースとなりました。

話題の大きさでいうとバックスペースキーで戻れなくなった件とかタブのデザインが角ばったことのほうがメジャーではありますが、実は今回デベロッパーツールにも変更がありました。「Application」タブからService Workerなどプログレッシブウェブ関連の検証ができるようになったのです。今までserviceworker-internalsを見たりしていましたが、今回の変更でここからプッシュを表示したりなどいろいろできるようになりました。その他にもホームスクリーンへのアイコン追加などService Worker / Webプッシュ以外のPWA関連の検証ができるようになっています。

先日、AMP上でのService Workerインストールの話もありましたが、ついにGoogleも本気でこのへんをプッシュしてきた感がありますね!

スクリーンショット 2016-07-21 23.29.08

Webプッシュマーケティングにおける6つのトピック(Google I/O 2016から)

先日開催された「Google I/O 2016」の中で「Deep user engagement with web push notifications」というセッションがありました。

他にもプログレッシブWeb関連のセッションがいくつかあり、その中でWebプッシュに触れているものもありましたが、単独で扱っているのはこのセッションだけでした。というわけで、本セッションの内容から特にマーケティング的に重要そうなポイントを6つピックアップして紹介したいと思います。(Web Push プロトコルの話など一部割愛している箇所もありますので詳しく知りたい方は動画もご覧ください。)

続きを読む

Webプッシュ3大ワードからリテンション施策を比較する(Google Developers Summit Tokyo 2016 から)

4月26日に開催された「Google Developers Summit Tokyo 2016」の2日目。その中で「Hey, look at me, I’m Notification」という、Webプッシュ関連の発表がありました。個人的に注目なのが、

  • Timely (タイミング):今送るべき通知なのか?
  • Precise (正確性) :正確に、何についての通知なのかパッと見て理解できるように。
  • Relevant (関連性/具体性):そのユーザーならではの情報を通知する。

の3つのキーワードです。文脈的には今までGoogleがWebプッシュ通知の配信におけるマナーとして伝えてきた内容がベースになっていますが、あらためてワード化されることで、より重視し浸透させたいという姿勢を感じました。

続きを読む

Chrome 50 ベータ版にて待望のペイロード機能が加わります

先日、Googleの日本語ブログでもお知らせがありましたが、Chrome 50 ベータ版が公開されています。

サイトからプッシュ通知を使って、ネイティブ アプリケーションと同じ方法でシステムレベルの通知をトリガーできるようになりました。

ついに待望のペイロードが実装されます。

最新バージョンの Chrome では、サイトで通知データのペイロードをプッシュ メッセージに含むことができるようになるため、サーバーの確認は不要になります。ユーザーのプライバシーを保護するため、プッシュ通知のペイロードは暗号化しなければなりませんプッシュ通知のペイロードPush API 仕様の一環であり、Firefox では既にサポートされています。

今までとは少し通知の仕方が変わることになります。そしてすでにFirefoxではサポートされているとのこと。
今までもこのブログではペイロードについて触れてきましたが、当初の予定である49ではなく、50での実装となりました。

今まではWebプッシュ通知といっても、実質固定のメッセージをユーザー全員に表示するという仕組みでしたが、これによりユーザー行動や属性に合わせたプッシュ通知が可能になります。やっとブラウザでもネイティブアプリと同じレベルで使えるようになるということです。(Facebookのように力技でそれを実現していたケースもあります)

JavaScriptコードを設置するだけでプッシュできるということもあり、これまでは個人ブログや小規模サイトで使ってみるというケースも多かったですが、これからはよりサイトと密接に結びついているような、Webサイトのユーザー体験全体に関わるような使い方も出てくると思います。

Chrome 50が正式版になり、それが行き渡るまでは少し時間かかりますが、今年の年末にはペイロードを使ったプッシュが普通になるのかもしれませんね。

RSSからのWebプッシュ配信と購読数バッジをリリースしました!

先日、2つの新機能をリリースしました。

RSS配信機能(独自ドメイン型、共通ドメイン型の両方に対応)

ブログなどのRSSフィードのURLを登録しておくと、記事更新のタイミングで自動的にプッシュ通知を配信します。配信種類から「RSS配信」を選択し、フィードのURLを登録してください。

スクリーンショット 2016-02-14 1.36.03

プッシュ購読数バッジ(共通ドメイン型のみ対応)

プッシュ通知の購読用ボタンのデザインが少し変わり、購読者数を表示できるようになりました。(更新頻度は1時間に1回程度です)
共通ドメイン型のみの対応になりますので、このブログには対応していませんが、設置すると以下のように表示されます。

スクリーンショット 2016-02-14 1.35.17

2つとも、特にブログでのWebプッシュ配信に役立つ機能だと思いますのでぜひご利用ください。

国内のブラウザ向けプッシュ通知配信 5サービスの比較まとめ(2016年2月版)

昨年8月にスタートしたPushnateおよびこのWebプッシュマーケティング研究所。始まった頃は類似サービスも数えるほどでしたが、2016年に入ってちらほら関連サービスが増えてきました。今年はもう少し増えて、いよいよマーケットが形成されてきそうな予感がします。

そんなわけでサービスが出揃ってきましたので、2016年2月時点での国内のWebプッシュ通知配信サービスを我々Pushnate含めて5つピックアップして比較してみたいと思います。サービス選定の際にご参考いただければ幸いです。

※表は横に長いのでスマホから見られる方は横にスクロールしてください。

続きを読む

Firefox 44 がWebプッシュ通知に対応。Pushnateでも配信できます。

以前から報じられていたFirefoxでのWebプッシュ通知ですが、このたびのバージョン44へのアップデートで正式に使えるになりました。

Firefox 44がリリース、やっと本格的なプッシュ通知を実装

Pushnateでも対応しておりまして、以下の見た目でプッシュ許諾が表示されます。Firefoxはサイトによって利用率の差が激しそうな気がしますが、Pushnateですと10%強のアクセスがFirefoxとなっていますのでそこそこのボリュームですね。よろしければぜひ試してみてください!

スクリーンショット 2016-01-27 20.47.42

2016年 Webプッシュで起きそうな3つの予測

スクリーンショット 2016-01-13 0.21.39

あけましておめでとうございます。
1月もすでに10日以上経ってしまいましたね。。いかがお過ごしでしょうか。

さて、2015年3月のChrome 42から可能になったService WorkerによるブラウザからのWebプッシュ通知配信、それから1年近く経ちChromeはバージョン47となりました。ここまで大きな変化はまだありませんが、バージョンアップごとに確実に何かが追加されています。
しかしまだ1年たっていないのが個人的にはちょっと驚きです。

Chromium Projectsのページを見てみると2016年はバージョン56までいく予定のようです。そして現行の次となる48、49あたりではカスタムボタンやペイロードによるデータの扱いなど今までなかったタイプの仕様追加が予定されています。56になる頃にはどうなっているのか想像もつかないですが、最近の傾向を見ていると、一方通行的なメッセージではなくWebサイトの機能やユーザー体験の一部を担うような仕組みとして成長していくのではないかなということ。メッセージとして考えれば配信数や到達率、開封率といった指標がメインですが、もう少しエンゲージメント寄りの指標(再来訪率とかプッシュ許諾率など)がベースになってくるのかも。

というわけで今日はせっかくなので2016年中に起きるんじゃないかという予想を3つほどピックアップしてみたいと思います。

続きを読む

カスタムボタンが実現するWebプッシュ配信におけるエンゲージメント

またもやChrome Dev Summitネタですが、Chrome 48 Betaより、カスタムボタンが使えるようになりました。プッシュ通知内に、サイト内で行えるアクションを設定できるというものです。

こんな感じでプッシュ通知内にアクションが表示されます。

Screen Shot 2015-12-03 at 12.37.52 PM

このケースでは、天気予報サイトからの「明日の朝は雨ですよ」というプッシュに対して行えるアクションを提示しています。ここでは、

  • 後でリマインドしてもらう
  • タクシーを手配する

という2つのアクションが行えます。

もともとAndroidではネイティブアプリでもiOSと異なり通知内でアクションできるようになってはいましたが、ブラウザで動作するWebプッシュではURLベースで設定できるので、だいぶその実践の敷居が下がった感があります。

これをベースにどんな使い方ができるか、ジャンルごとにいくつかピックアップしてみました

ショッピングサイト

・ショッピングカートで離脱してしまった人に再度購入を促す
・売り切れだった商品の入荷があったタイミングで通知
・特定商品の値下げ時に通知
・オークションサイトで高値が更新されたときに通知、すぐ入札できる 

予約系(宿泊や出前、交通機関など)やサービスEC

・過去の利用履歴から、次に予約しそうなタイミングに通知
・宅配ピザなどで、暇な時間帯に限定して割引オフォー
・定期的に使うサービス利用をリマインド

ソーシャルメディアやコミュニティサイトの場合

・メッセージがあったときにすぐ返信できる
・知人の投稿に対してブラウザを開かずに「いいね」できる

「アクション」というだけあってメディア系のサイトより、ショッピングなどいわゆるコンバージョンが存在するサイトとの相性が良さそうです。

これらは10月初めの記事でも触れていたことではあるのですが、カスタムボタンになることで複数の選択肢を提示でき、かつアクションすることを前提としたUIにより文脈的なわかりやすさがアップしています。もともとWebプッシュはメールのような一方的なメッセージよりもユーザーとWebサイトのインタラクションの中で有効に作用するのだろうと思っていたので、カスタムボタンによりその方向性が強くなりました。

あと、ちょうど先日schema.orgによる店舗やローカル系の検索結果でのAction指定のトピックがありましたが、機能的には近そうです。検索エンジンの場合ある程度初回訪問が含まれますのでアクションへの結びつきやすさは違うのかもしれません。このへんの動きはまだまだ加速しそうですね。

カスタムボタンの実装方法

JavaScriptでの設定の仕方など技術面については、我らがPushnate開発担当の書いたQiitaの記事も合わせて読んでみてください。PushnateでもChrome 48 Betaが正式になるタイミングを目処にカスタムボタン設定を使えるようにしたいと考えています。

Webプッシュ通知にカスタムボタンが実装できるようになったので試してみた