Webプッシュ関連ニュース

日本でも本格化?次世代モバイルサイトPWA(Progressive Web Apps)の5つのメリット

スクリーンショット 2017-04-13 14.44.32

先日話題になったTwitter Liteのリリース。私も使ってみましたが、とうとうWebでアプリ並のことが本当できるようになったのか、とちょっと感動しました。

しかもネイティブアプリよりデータ通信量が最大70%抑えられるとのこと。
通信量って日本だとたいしたメリットないのかなとも思っていましたが、最近の格安スマホやMVNOの料金プランを見ているとまだまだ通信料削減のニーズはありそうで、そんな文脈からも新興国だけでなく日本でも普及しそうな気がします。

このTwitter LiteのUXを実現する上でキモとなっているのがPWA(Progressive Web Apps)という仕組みです。
Googleによって推進されており、今までネイティブアプリでないと実現できなかったUXやブラウザからのプッシュ通知といったエンゲージメント施策をモバイルWebアプリでも実現できるというのが最大のポイントです。

※プッシュ通知など一部機能はPCブラウザでも利用可能です。また、2017年4月現在はAndroidとデスクトップ版ChromeやFirefoxに対応しており、Safariはまだ対応していません。

PWAの概念ははちょっと前からあって、Googleのイベントでも複数回取り上げられています。このへんの動画を見ておくとより深く理解できると思います。

PWAのメリット

さてこのPWA、具体的には何がメリットなのでしょうか?
簡単に言うと「エンゲージメント向上と使い心地がネイティブアプリ並のモバイルWebアプリ」といえます。
それを構成するポイントを5つまとめてみました。

①Webプッシュ通知

Webに対するアプリの最大の優位性と言ってもよいのがプッシュ通知です。
PWAではService Workerというブラウザの裏側で動く仕組みを活用することで、許諾を得たユーザーに対してプッシュ通知を配信できます。
モバイルWebだけでなくデスクトップのブラウザに対しても配信可能です。
国内でもサードパーティの配信サービスがいくつかあり、本ブログを運営するPushnateでも手軽に無料でWebプッシュ通知を配信できます。

TwitterLite_Android_PushNotification_ENG_1

Twitter LiteからのWebプッシュ通知

②ホームスクリーンへのアイコン追加

スクリーンショット 2017-04-13 23.25.09

ホームスクリーンにTwitter Liteのアイコンを追加

PWAで構築されたサイトは、訪問頻度によりホームスクリーンへのアイコン追加を促す仕組みがあります。
今までもブックマークとして追加はできましたが、サイト側から促せるのが大きな違いです。
ネイティブアプリと大きく違うのが、Webサイトをある程度使ってから(エンゲージメントが確立されてから)表示されるということ。よりサービスへの理解が高い状態でインストールされるようなイメージです。

③オフラインでのコンテンツ表示と読み込みの高速化

Service Workerはオフラインキャッシュの仕組みも持っており、サイトの主要なデータをキャッシュしておくことでオフラインでの利用や読み込みの高速化を実現できます。

④WebなのにアプリっぽいUX

PWAはブラウザで動作しますが、アドレスバーを非表示にしたり、起動時にスプラッシュ画面を表示することができます。これだけでもグッとアプリっぽい使い心地になります。

⑤Webならではの利点

当然ですがネイティブアプリのようにOSに合わせた開発やアップデート、ストアの審査が不要です。URLがあるのでアクセス解析ツールなどそのまま使えますし、検索エンジンへの対応もWebサイトとして行えるので、開発やメンテナンスの手間を軽減できます。

また、最近話題のAMP(Accelarated Mobile Pages)とも連携できます。検索経由でAMPページにアクセスしたときにServiceWorker登録、Webプッシュ配信といったことも可能です。

PWAを導入するには?

そんなメリットだらけのPWA、さっそく試してみたいという方もいらっしゃると思います。実装にはJSONマニフェストの設定やService Workerに関する記述などが必要ですが、その前にいくつか検討すべきポイントがあります。

既存サイトやアプリを含めた導線設計

すでにモバイルWebサイトやアプリが存在する場合、PWAの位置づけを確認しましょう。

Twitetr Liteのように元のサイトとは別の存在とするケースもあります。何も考えずに作ってしまうと、元サイトとコンテンツが重複したり、アプリも含めてメンテナンスが必要になったりとコストばかりかかってしまう可能性もあります。

PWAによってどんな価値が提供できるかをしっかり確認しておきましょう。

SSL導入が必須

PWAにはSSL導入が必須になります。
SEO的な潮流としてはSSL導入は常識になりつつありますが、必ずSSL対応の否について確認しておきましょう。

実装時にはPWAチェックリストでチェック

実装後はGoogleのPWAチェックリストでPWAの要件を満たしているかを確認しましょう。

まとめ

近年、スマホ1台あたりのアプリインストール数は減少しつつも利用時間は伸びています。

反面、Webサイトは接触頻度においてアプリを上回っています。Webの特性と活かして、様々なチャネル(ソーシャル、参照サイト、検索エンジンなど)からの導線を設計しつつ、アプリ並の利用時間も狙っていく、しかもWebの技術で構築できるというのがPWAのメリットだと思います。

サイトやアプリの内容によっては大きくユーザーを増やせすチャンスかもしれません。Twitter Liteを皮切りに国内でも対応サイトが増えてくるのが楽しみですね。

PWA(Progressive Web Apps)がよりネイティブアプリっぽくなりました

2016年のGoogle I/Oで触れられていたPWAとAndroid連携の動きについてChromium Blogの投稿がありました。

すでにホームスクリーン追加やWebプッシュ通など個別の機能は実現していますが、この統合により今まで以上にWebサイトをアプリ的に取り扱えるようになります。今回はホーム追加時の動作がアプリインストールぽくなりました。個人的に大きいのは、Webプッシュからこの疑似アプリの起動ができるようになることです。よりPWAらしいUXになります。

リテンション獲得のためにネイティブアプリ作りたいけどコストが・・というサイト(主にECサイトかな?)は短期間で効果が出やすそうです。日本では依然としてiOS対応が課題ですが、Androidシェアの高い国ではPWAそろそろ普及しそうですね。ホームスクリーン追加が実装済みのWebサイトは、以下の手順でアプリインストールっぽい使い心地が試せます。

①Chromeの試験運用機能をONにする

Chrome Betaで、chrome://flags/#enable-improved-a2hs を入力し、試験運用機能の管理画面に入ります。
ここで、「ホーム画面に追加(改訂版)」を有効にします。Chromeの再起動を促されるのでそのまま再起動します。

②対応サイトにアクセスしホーム画面に追加する

たとえば、flipkartなどPWAの事例サイトにアクセスしてみます。Chromeのメニューを開くと「ホーム画面に追加」があるのでタップしてみましょう。インストールの許可画面が表示されますのでそのまま進めます。
Screenshot_20170209-002138

ホーム画面に追加

Screenshot_20170209-002500

インストール許可画面

インストールすると他のアプリと同じように一覧に表示されます。

Screenshot_20170209-002704

アプリドロワー内に一覧表示される

Chrome単独の取り組みから始まったPWA周りですが、今後はAndroidと統合の流れが強くなりそうです。なんというかちょっと昇格するイメージですね。正直、特に日本においてはまだまだPWAの取り組みは少ない印象ですが、少なくともGoogleの力の入れようは伝わってきますね。
こちらも合わせてどうぞ。

WebプッシュのオプトインUI事例(Chrome Dev Summit 2016 サイトから)

あけましておめでとうございます。本年初投稿です。当ブログのテーマであるWebプッシュ、昨年はペイロード対応などもあり導入サイトも増えましたね。Pushnateでのプッシュ配信数もおかげさまで成長し続けることができました。とはいえ、まだまだ普及はこれからだなという感じですので今年もService WorkerやProgressive Web Appまわりを注視していきたいと思います。

今年1発めはプッシュ許可(オプトイン)のUIについてです。

WebプッシュのUI、特に最初にプッシュ通知の許可(オプトイン)の取り方は迷うポイントですよね。
依然としてChromeのオプトイン表示はそっけないので、まだしばらくはWebサイト側で工夫が必要ですが、先日「これはいいな」というケースを見つけました。

それは、昨年秋に開催された「Chrome Dev Summit 2016」のサイトです。今はもう表示されないのですが、会期中はページ左下のアイコンをクリックするとこんなウィンドウが表示されるようになっていました。

Chrome Dev Summitのプッシュ許可

Chrome Dev Summitのプッシュ許可

このイベントはたくさんのセッション(+YouTubeでの中継)で構成されているので、それぞれの開始時の通知としてWebプッシュが使われていました。これだけの大きいイベントだからこそできる使い方ではありますが、受け取る通知の種類を指定できるというのは他ではあまり見かけない使い方です。今後もしChrome内のUIが向上されるとしたらこんなふうになるんじゃないかという予感もしますね。

というわけで1発めは短めになりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

Chrome 52 のデベロッパーツールでService Workerのチェックができるように

ついにChrome 52の安定版がリリースとなりました。

話題の大きさでいうとバックスペースキーで戻れなくなった件とかタブのデザインが角ばったことのほうがメジャーではありますが、実は今回デベロッパーツールにも変更がありました。「Application」タブからService Workerなどプログレッシブウェブ関連の検証ができるようになったのです。今までserviceworker-internalsを見たりしていましたが、今回の変更でここからプッシュを表示したりなどいろいろできるようになりました。その他にもホームスクリーンへのアイコン追加などService Worker / Webプッシュ以外のPWA関連の検証ができるようになっています。

先日、AMP上でのService Workerインストールの話もありましたが、ついにGoogleも本気でこのへんをプッシュしてきた感がありますね!

スクリーンショット 2016-07-21 23.29.08

Webプッシュマーケティングにおける6つのトピック(Google I/O 2016から)

先日開催された「Google I/O 2016」の中で「Deep user engagement with web push notifications」というセッションがありました。

他にもプログレッシブWeb関連のセッションがいくつかあり、その中でWebプッシュに触れているものもありましたが、単独で扱っているのはこのセッションだけでした。というわけで、本セッションの内容から特にマーケティング的に重要そうなポイントを6つピックアップして紹介したいと思います。(Web Push プロトコルの話など一部割愛している箇所もありますので詳しく知りたい方は動画もご覧ください。)

続きを読む

Webプッシュ3大ワードからリテンション施策を比較する(Google Developers Summit Tokyo 2016 から)

4月26日に開催された「Google Developers Summit Tokyo 2016」の2日目。その中で「Hey, look at me, I’m Notification」という、Webプッシュ関連の発表がありました。個人的に注目なのが、

  • Timely (タイミング):今送るべき通知なのか?
  • Precise (正確性) :正確に、何についての通知なのかパッと見て理解できるように。
  • Relevant (関連性/具体性):そのユーザーならではの情報を通知する。

の3つのキーワードです。文脈的には今までGoogleがWebプッシュ通知の配信におけるマナーとして伝えてきた内容がベースになっていますが、あらためてワード化されることで、より重視し浸透させたいという姿勢を感じました。

続きを読む

Chrome 50 ベータ版にて待望のペイロード機能が加わります

先日、Googleの日本語ブログでもお知らせがありましたが、Chrome 50 ベータ版が公開されています。

サイトからプッシュ通知を使って、ネイティブ アプリケーションと同じ方法でシステムレベルの通知をトリガーできるようになりました。

ついに待望のペイロードが実装されます。

最新バージョンの Chrome では、サイトで通知データのペイロードをプッシュ メッセージに含むことができるようになるため、サーバーの確認は不要になります。ユーザーのプライバシーを保護するため、プッシュ通知のペイロードは暗号化しなければなりませんプッシュ通知のペイロードPush API 仕様の一環であり、Firefox では既にサポートされています。

今までとは少し通知の仕方が変わることになります。そしてすでにFirefoxではサポートされているとのこと。
今までもこのブログではペイロードについて触れてきましたが、当初の予定である49ではなく、50での実装となりました。

今まではWebプッシュ通知といっても、実質固定のメッセージをユーザー全員に表示するという仕組みでしたが、これによりユーザー行動や属性に合わせたプッシュ通知が可能になります。やっとブラウザでもネイティブアプリと同じレベルで使えるようになるということです。(Facebookのように力技でそれを実現していたケースもあります)

JavaScriptコードを設置するだけでプッシュできるということもあり、これまでは個人ブログや小規模サイトで使ってみるというケースも多かったですが、これからはよりサイトと密接に結びついているような、Webサイトのユーザー体験全体に関わるような使い方も出てくると思います。

Chrome 50が正式版になり、それが行き渡るまでは少し時間かかりますが、今年の年末にはペイロードを使ったプッシュが普通になるのかもしれませんね。

RSSからのWebプッシュ配信と購読数バッジをリリースしました!

先日、2つの新機能をリリースしました。

RSS配信機能(独自ドメイン型、共通ドメイン型の両方に対応)

ブログなどのRSSフィードのURLを登録しておくと、記事更新のタイミングで自動的にプッシュ通知を配信します。配信種類から「RSS配信」を選択し、フィードのURLを登録してください。

スクリーンショット 2016-02-14 1.36.03

プッシュ購読数バッジ(共通ドメイン型のみ対応)

プッシュ通知の購読用ボタンのデザインが少し変わり、購読者数を表示できるようになりました。(更新頻度は1時間に1回程度です)
共通ドメイン型のみの対応になりますので、このブログには対応していませんが、設置すると以下のように表示されます。

スクリーンショット 2016-02-14 1.35.17

2つとも、特にブログでのWebプッシュ配信に役立つ機能だと思いますのでぜひご利用ください。

国内のブラウザ向けプッシュ通知配信 5サービスの比較まとめ(2016年2月版)

昨年8月にスタートしたPushnateおよびこのWebプッシュマーケティング研究所。始まった頃は類似サービスも数えるほどでしたが、2016年に入ってちらほら関連サービスが増えてきました。今年はもう少し増えて、いよいよマーケットが形成されてきそうな予感がします。

そんなわけでサービスが出揃ってきましたので、2016年2月時点での国内のWebプッシュ通知配信サービスを我々Pushnate含めて5つピックアップして比較してみたいと思います。サービス選定の際にご参考いただければ幸いです。

※表は横に長いのでスマホから見られる方は横にスクロールしてください。

続きを読む

Firefox 44 がWebプッシュ通知に対応。Pushnateでも配信できます。

以前から報じられていたFirefoxでのWebプッシュ通知ですが、このたびのバージョン44へのアップデートで正式に使えるになりました。

Firefox 44がリリース、やっと本格的なプッシュ通知を実装

Pushnateでも対応しておりまして、以下の見た目でプッシュ許諾が表示されます。Firefoxはサイトによって利用率の差が激しそうな気がしますが、Pushnateですと10%強のアクセスがFirefoxとなっていますのでそこそこのボリュームですね。よろしければぜひ試してみてください!

スクリーンショット 2016-01-27 20.47.42