Pushnate 利用ガイド

ショッピングカートやフォームから離脱したユーザーにWebプッシュ通知を配信する方法

2016年8月にリリースしたPushnateの新機能「カート・フォーム配信」の導入方法を紹介します。これは、ショッピングカートや入力フォームの途中から離脱したユーザー(カゴ落ち、フォーム落ちしたユーザー)に絞ってWebプッシュ通知を配信できる機能です。

設定は大きく分けて5ステップです。一部省略している箇所もありますので、管理画面内の記載も参照しながら設定してください。なお、すでに独自ドメイン配信の準備ができているWebサイトなら下記ステップの⑤のみで配信できます。

続きを読む

RSSからのWebプッシュ配信と購読数バッジをリリースしました!

先日、2つの新機能をリリースしました。

RSS配信機能(独自ドメイン型、共通ドメイン型の両方に対応)

ブログなどのRSSフィードのURLを登録しておくと、記事更新のタイミングで自動的にプッシュ通知を配信します。配信種類から「RSS配信」を選択し、フィードのURLを登録してください。

スクリーンショット 2016-02-14 1.36.03

プッシュ購読数バッジ(共通ドメイン型のみ対応)

プッシュ通知の購読用ボタンのデザインが少し変わり、購読者数を表示できるようになりました。(更新頻度は1時間に1回程度です)
共通ドメイン型のみの対応になりますので、このブログには対応していませんが、設置すると以下のように表示されます。

スクリーンショット 2016-02-14 1.35.17

2つとも、特にブログでのWebプッシュ配信に役立つ機能だと思いますのでぜひご利用ください。

Firefox 44 がWebプッシュ通知に対応。Pushnateでも配信できます。

以前から報じられていたFirefoxでのWebプッシュ通知ですが、このたびのバージョン44へのアップデートで正式に使えるになりました。

Firefox 44がリリース、やっと本格的なプッシュ通知を実装

Pushnateでも対応しておりまして、以下の見た目でプッシュ許諾が表示されます。Firefoxはサイトによって利用率の差が激しそうな気がしますが、Pushnateですと10%強のアクセスがFirefoxとなっていますのでそこそこのボリュームですね。よろしければぜひ試してみてください!

スクリーンショット 2016-01-27 20.47.42

Google Analyticsを利用してWebプッシュ通知の効果を測定する

how-to-use-google-analytics

先日の記事でも紹介しましたが、Pushnateのサイト(サービスサイトやブログ)でもWebプッシュを活用してエンゲージメントを高める取り組みを行っており、Google Analyticsを利用してプッシュ通知の効果測定をしています。Google Analyticsの使い方としてはポピュラーではありますが、今日はWebプッシュ向けの効果測定方法を紹介したいと思います。

※本記事の方法で効果測定する場合、Webプッシュで送客するWebサイトにGoogle Analyticsが導入されている必要がありますのでご注意ください。

続きを読む

Pushnate導入ガイド:独自ドメインでのWebプッシュ通知を配信する

Pushnateは8月よりアルファ版として運営しておりましたが、本日(11/2)リリースのベータ版より独自ドメインでのプッシュ通知が可能になりました。プッシュ通知ウィンドウに自分のサイトのドメインを表示できます。導入するには以下の手順に沿って設置してください。
※独自ドメインプッシュではプッシュ許可を取るページはhttps環境である必要がありますので注意してください。

続きを読む

Pushnate導入ガイド:非https環境だけど、とりあえずWebプッシュを配信してみたい

Webプッシュ、試してみたいけどSSLにしてないしなぁ・・・

PushnateならそんなケースでもWebプッシュ配信が可能です。

※独自ドメインで配信したい場合(SSL対応している必要があります)はこちらのページをご覧ください。

1.Pushnateにユーザー登録し、サイトを登録する

Pushnateトップページの「今すぐ無料ではじめる」ボタンから登録できます。ログインしたらWebプッシュを導入したいサイトの情報を登録してください。

2.登録画面URLもしくは登録ボタン表示JavaScriptを設置する

Webサイトから登録画面URL(https://pushnate.com/register/番号/ という形式です)にリンクするか、登録ボタンを表示するJavaScritptコードを設置してください。URLおよびJavaScriptは管理画面内の「設置方法」から取得できます。

 

以上で設定は完了です。

この方法の場合、メッセージや遷移するURLは自由に設定ですが、通知ウィンドウ内に表示されるドメインは「pushnate.com」になります。Webプッシュの雰囲気はつかめると思いますのでぜひ試してみてください。