Pushnate(プッシュネイト)について

ショッピングカートやフォームから離脱したユーザーにWebプッシュ通知を配信する方法

2016年8月にリリースしたPushnateの新機能「カート・フォーム配信」の導入方法を紹介します。これは、ショッピングカートや入力フォームの途中から離脱したユーザー(カゴ落ち、フォーム落ちしたユーザー)に絞ってWebプッシュ通知を配信できる機能です。

設定は大きく分けて5ステップです。一部省略している箇所もありますので、管理画面内の記載も参照しながら設定してください。なお、すでに独自ドメイン配信の準備ができているWebサイトなら下記ステップの⑤のみで配信できます。

続きを読む

デスクトップとモバイルそれぞれのプッシュ通知登録数を確認できるようになりました

先日、お知らせしましたとおり、カート・フォーム配信機能リリースに合わせて、Pushnateサービスサイトや管理画面のデザインが変わりました。今まではプッシュ通知を許可しているユーザー数は合計のみの表示でしたが、今回のリニューアルからデスクトップ、モバイルそれぞれの登録数が見れるようになりました。ぜひチェックしてみてください。

デスクトップとモバイルそれぞれのプッシュ通知登録数を確認できます

デスクトップとモバイルそれぞれのプッシュ通知登録数を確認できます

 

ショッピングカートや問い合わせフォームから離脱したユーザーへのプッシュ通知配信機能をリリースしました

Webプッシュ通知配信サービス「Pushnate(プッシュネイト)」では本日より新機能として、ECサイトのショッピングカートや問い合わせフォームから離脱したユーザーへのWebプッシュ配信機能をリリースしました。あわせて、サービスサイトや管理画面の見た目を一新しました。

新しいトップページと管理画面

新しいトップページと管理画面

続きを読む

RSSからのWebプッシュ配信と購読数バッジをリリースしました!

先日、2つの新機能をリリースしました。

RSS配信機能(独自ドメイン型、共通ドメイン型の両方に対応)

ブログなどのRSSフィードのURLを登録しておくと、記事更新のタイミングで自動的にプッシュ通知を配信します。配信種類から「RSS配信」を選択し、フィードのURLを登録してください。

スクリーンショット 2016-02-14 1.36.03

プッシュ購読数バッジ(共通ドメイン型のみ対応)

プッシュ通知の購読用ボタンのデザインが少し変わり、購読者数を表示できるようになりました。(更新頻度は1時間に1回程度です)
共通ドメイン型のみの対応になりますので、このブログには対応していませんが、設置すると以下のように表示されます。

スクリーンショット 2016-02-14 1.35.17

2つとも、特にブログでのWebプッシュ配信に役立つ機能だと思いますのでぜひご利用ください。

国内のブラウザ向けプッシュ通知配信 5サービスの比較まとめ(2016年2月版)

昨年8月にスタートしたPushnateおよびこのWebプッシュマーケティング研究所。始まった頃は類似サービスも数えるほどでしたが、2016年に入ってちらほら関連サービスが増えてきました。今年はもう少し増えて、いよいよマーケットが形成されてきそうな予感がします。

そんなわけでサービスが出揃ってきましたので、2016年2月時点での国内のWebプッシュ通知配信サービスを我々Pushnate含めて5つピックアップして比較してみたいと思います。サービス選定の際にご参考いただければ幸いです。

※表は横に長いのでスマホから見られる方は横にスクロールしてください。

続きを読む

Firefox 44 がWebプッシュ通知に対応。Pushnateでも配信できます。

以前から報じられていたFirefoxでのWebプッシュ通知ですが、このたびのバージョン44へのアップデートで正式に使えるになりました。

Firefox 44がリリース、やっと本格的なプッシュ通知を実装

Pushnateでも対応しておりまして、以下の見た目でプッシュ許諾が表示されます。Firefoxはサイトによって利用率の差が激しそうな気がしますが、Pushnateですと10%強のアクセスがFirefoxとなっていますのでそこそこのボリュームですね。よろしければぜひ試してみてください!

スクリーンショット 2016-01-27 20.47.42

Webブラウザ向けプッシュ通知のサービス導入事例と配信方法ガイド

title2

Webプッシュ通知(ブラウザプッシュ通知)とは?

Chromeブラウザのバージョン42以降(デスクトップ版とAndroid版)で使えるようになった、Webサイトから配信するプッシュ通知の仕組みです。ネイティブアプリではおなじみのマーケティング手法がWebサイトでも実現できるようになり、新しいリピート獲得ソリューションとして注目されています。

このページでは「Webプッシュって何?」という疑問から、国内外での導入事例、Webサイトへの導入のやり方について紹介します。

続きを読む

Webプッシュ通知を導入してみて1ヶ月間でわかった3つのポイント

Pushnate(プッシュネイト)は11月2日からベータ版となり独自ドメインでのWebプッシュに対応しました。これにより、プッシュ通知内に表示されるドメインを自社オリジナルのものにできるようになりました。

ベータ版になってからPushnateのWebサイトでも独自ドメインでのWebプッシュ通知を導入し運用してきました。今日は、約1ヶ月間実際に運用してきてサイトの数値にどう影響があったのかについてまとめてみたいと思います。

最近にわかにService Workerやそれを活用したWebプッシュ、AMP HTMLなどモバイルウェブのユーザー体験向上の話題が増えてきた感があります。「Webプッシュ、試してみたいけど実際どうなんだろう?」という方もまだまだ多いと思いますので参考にしていただければ幸いです。

続きを読む