オウンドメディアやコンテンツマーケティング系のWebサイトがトラフィックを獲得する上で重要なチャネルがいくつかあります。サイトごとに細かい比率は違いますがおおむね、

  • オーガニック検索
  • ソーシャルメディア
  • 参照サイト(リファラル)

が3大巨頭で、その次にサイトによって

  • 広告(ディスプレイ広告、検索広告、SNS広告など)
  • メール
  • ダイレクト

がくるというのが一般的です。

大半のWebメディアのマネタイズが広告であることをふまえると、流入チャネルとして広告を積極的、定常的に用いることは粗利の高い広告商品がない限り難しいでしょう。必然的に固定費やコンテンツ制作費以外にトラフィック獲得コストをかけないことを志向するケースが多くなります。

今日は、そんなメディアにこそ、ブラウザからのWebプッシュ通知が活用できる!ということについて考えてみたいと思います。

メディアにおけるトラフィックの流れ

以下は一般的なトラフィック成長の流れです。広告は使わないオーガニックな成長を想定しています。

  1. まずコンテンツが増える
  2. 検索結果への表示回数が増える
  3. 検索結果から一定の確率でクリックされサイトへの訪問が生じ始める
  4. 訪問から一定の割合でSNSで共有されたり、他サイトで紹介され始める
  5. 訪問したユーザーの一部が定着しダイレクトの訪問が増える
  6. SEO順位が上がりさらに検索結果への表示回数が増える
  7. サイトを再訪問するユーザーが増える
  8. お問い合わせや広告クリックなどコンバージョンが発生する

どのステップも重要ですが、特に⑤と⑦は初回訪問ユーザーが常連になるかどうかの瞬間です。今後何度も訪問してくれるリピーターになりえるかという点で他ステップと異なります。

そしていかにこのステップで低コストでトラフィックを獲得できるかによってトラフィック成長の効率が変わってきます。

では、上記の⑤と⑦を増やすために有効な施策は何か?

すぐ思いつくのがメールです。ただし、当たり前ですがメールを送るにはメールアドレス登録が必要です。また、メールアドレスを登録してくれるくらいの人はすでにサイトへのエンゲージメントが高まっている可能性がありますので、トラフィック獲得の効率を考えるとメール以外の、もう少し手前の施策もほしいところです。

そしてもうひとつがWebプッシュです。メールやSNS施策との最大の違いは「サイト内での行動や関心をベースにした再来訪体験が作れる」という点です。すべてのユーザーに共通のメッセージを届けるのでなくカスタマイズすることができるのです。

例えば

  • 初回訪問だった人→プッシュ許諾はまだとらない。もちろん送らない。(関係ができていないのにプッシュ通知するのは煩わしく感じる可能性が高い)
  • 2回目以降の訪問だった人→「よろしければ登録ください」と許諾を取り、関連記事を送る。
  • お問い合わせフォームへのリンクをクリックした後離脱した人→フォームの入力忘れでないかをリマインドする。

というように、全てのユーザーに同じメッセージで再来訪してもらうのではなく、サイト内での行動結果をベースにプッシュ許諾を取ったりユーザーごとにプッシュ出し分ける。ユーザーはより「自分のことだな」と感じてくれるようになるでしょう。

最近、Webプッシュ許可を求めてくるサイトが少しずつ増えましたが、何の前触れや説明もなく許諾ダイアログを表示してしまうケースもあるなと感じています。以前から本ブログでも書いておりますが、サイトのUX全体の中でどう作用するかの視点で考えられるかどうかが次の課題ですね。