前回のブログでもポストしました、Chrome50から実装されるブラウザからのプッシュ通知におけるペイロード機能。簡単に言いますと、今まで定型メッセージしか送れなかったのが、ユーザー行動や属性に基づいたパーソナライズされたプッシュ通知が送れるというものです。

プッシュ通知自体はすでにネイティブアプリでは何年も使われており、その使われ方もだいぶ工夫がされてきています。そのあたりも参考にしつつ、今日はこのペイロードが使えることを前提としてどんなWebサービスと相性がよさそうなケースを6つほどリストアップしながら考えてみたいと思います。

※実際のサービスに適用しやすいように、なるべくケースは抽象化しました。

①サイト内でのアクション後、段階を経ながら提供されるサービス

対象:ショッピングサイト、サービスEC、宅配系サービス

amazonアプリを使っていると、商品が発送された時や完了したときにプッシュ通知が届く経験をしたことがあるかもしれません。このように、ユーザーがサイト内で購入などのアクションをした後、一定の期間でサービス提供が完了するというタイプです。一般的なECはもちろん、オーダーメイドで時間がかかる商品、または出前や印刷、クリーニングといったサービスECと言われるジャンルにも向いています。このケースでは、Webプッシュはサイトへのリピート訪問よりも通知という機能を果たすことに重点が置かれます。

②サイト内でのメッセージ表示

対象:マーケティング関連ツール、各種サービス管理画面など

大抵のWebサイトではユーザーが入力する際に何らかのメッセージを表示します。これをもっと非同期的に解釈することで、そのサイトを利用中にプッシュするという逆の発想での使い方も考えられます。例えばマーケティング関連ツールでCSVでリストを抽出するときに時間がかかる場合がありますが、数十秒〜数分遅れて完了メッセージをWebプッシュで送るといったケースが考えられます。

③即時的な反応が必要なサービス

対象:オークション、チケット予約、タイムセールや新商品発売

「今すぐサイトから申し込まなくちゃ」というケースです。オークションやチケット販売、人気商品やセール商品などが該当します。Webプッシュはスマホのホーム画面に直接リーチできますので、即時性のある情報とは相性が良いです。また、Webプッシュの機能の一つであるカスタムボタンを使えば、通知ウィンドウからそのまま入札や予約、購入といったアクションにつなげることもできます。

④通知自体がコンテンツとして完結するサービス

対象:占い、天気予報、テレビ番組、俳句のような短文コンテンツ

ネイティブアプリではおなじみの天気予報など、最低限の情報を決まったタイミングでチェックできればいいというケースです。そのほかにもテレビ番組情報だったり、その日一番検索されたワード、占いのようなコンテンツなど、主にメディア系サービスにおけるパーソナライズ機能の一環として使われるケースもあるかもしれません。最近話題のLINEのBotなんかもここに近いです。

⑤ちょっとした予約

対象:レンタル系サービス、美容院などの来店サービス、飲食店

図書館やレンタル系サービスなど、絶対行くかどうかわからないけど、借りれるようになったら教えて欲しい、といったカジュアルな予約用途です。予約といえば最近はスシローアプリなども人気ですが、Webプッシュにおいてはアプリをインストールするほど繰り返し使わなさそうなサービス、そもそもアプリがないサービスが対象になりそうです。

⑥カート落ち、フォーム落ち

対象:ショッピングサイト、見込み客や予約を獲得したいサイト

ペイロード本命ともいえるケースです。

サイト内でショッピングカートやフォーム入力の途中で離脱してしまったユーザーに絞って再来訪を促進するケースです。コンバージョンに最も近いユーザーに訴求するのでROIを検証しやすいというのが最大の特徴です。ペイロードであれば、カートに入っている商品名を出したりセール情報と組み合わせて訴求することも可能です。

以上、6つピックアップしてみましたが、まだ他にもありそうな気がしますので、いずれフレームワーク的にもまとめてみたいと思います。

そしてこれらケースからもわかるとおり、Webプッシュは、例えば受注確認メールのような、エビデンス的な効果はほとんどありません。メールはもちろん、LINEよりもメッセージ表示量が少なく、プッシュ内でコンテンツとして成立させるのも難しい。それよりも、ユーザーが特にスマホを操作したりアプリケーションを起動しなくてもコミュニケーションができる、という特性を活かした実装が向いています。もうすぐChrome50がリリースされますので楽しみですね。